2017/04/25

ポルトガル リスボン【帆船時代に欠かせない航海道具を海軍博物館(Museu de Marinha)で見る】

2016/04/28(木)ポルトガル旅行10日目。
他にも船にかかわる道具がたくさん展示されていました!
こちらは"SEXTANTE"と書いてあるので、六分儀です。
よく聞く名前の道具だけど、どうやって使うんだろう???


こちらの画像は前回紹介したんだけど、”AGULHA DE MAREAR”と書いてありました!
つまり、コンパスです。前回「コンパスかなぁ?」って書いたんだけど、間違ってなくてよかったww


こっちの金色のは2、3番に”COMPASSOS DE PONTAS”なのでコンパスです。3番は3点コンパスだそう。
やっぱり地図を読み解くのにコンパスは欠かせないアイテムだったのかな?

ものが写ってないんだけど、1番に”RÉGUA DE PARALELAS”と書かれています。これ、何かな?って調べたんだけど、どうも設計図とか書く時の机についてる特殊な感じの定規みたいです。
どんなのか逆に気になってしまう~!


こちらは手桶。水を汲んだりする手桶は、帆船には欠かせないアイテムだったみたい。


こちらは貯蔵庫!
確かに、当時冷蔵庫とかなかったからこうゆうのに保存してたんだね。
説明文には肉の貯蔵箱って書いてありました。
さすがに生肉はダメだから、塩漬け肉とかを入れてたのかなぁ?


こちらは船室に付けられていた洗面台。
折り畳みの洗面台めちゃくちゃオシャレだよね!
でもきっとこんな洗面台がついた船室にいる人って、すごく偉い人だったんだろうなぁ…
その他の船員さんって洗面台とかあったんだろうか…???


ランキング参加中!応援の一押しよろしくお願いします(*´∀`*)ノ
 にほんブログ村 旅行ブログ ポルトガル旅行へにほんブログ村     ポルトガル(海外生活・情報) ブログランキングへ